VIVa

VIVa

1996年渡米。Music, Surf, Fashion, Art 等の南カリフォルニアのカルチャーに触れる。2004年に帰国後、Xerosen の立ち上げに参加する傍ら、DJとしてのキャリアをスタート。

マイアミ発の世界的ミュージックフェスティバル “Ultra Music Festival” のプレイベントであるROAD TO ULTLA TOKYO@agehaや、CLASH@ageha、Survival Dance@Womb等のクラブイベントや Marc Jacobs, KITSON, Tokyo Collection 等のファッションイベントなどでプレイする他 、DECEIVE.. , Hamond Arp 等の国内ファッションブランドのイメージmixのプロデュースを手がける。また2015年よりバイロンベイ(オーストラリア)でのキャリアをスタート。オーストラリアのベストベニューの一つである The Great Northern や Tree House 等のクラブやラウンジでギグを行っている。

Deep Houseを軸としつつ、さまざまなジャンルのトラックを織り交ぜ、多様なコレクションの中からハンドピックした選曲でGroovy&Loungyな空間を演出。

音楽活動の傍ら、現在はオーストラリアのバイロンベイ発のオルタナティブサーフブランド “AFENDS” や、時代の最先端をいくFilm MakerのKai Nevilleがプロデュースをする “EPOKHE Eyewear” 、オーストラリアナンバーワンのハットブランド ‘fallenBROKENstreet’ のJAPANエージェントをつとめる。